citta' di colore

“The Power of Landscape & Color”

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

Steve's posthumous work

皆さん。
電子マネー、利用していますか?

僕は、数多くある中で利用しているのが、エディとスイカ。
ちゃんと理由があるのです。

スイカは、関東だけでなく、日本全国の公共鉄道で利用できる唯一の電子マネー。
他の鉄道系は、他地域での使用ができない。
だから、スイカを持っておけばほぼ安心、ということになる。
さらに、駅周辺を始め、飲食店などでもスイカは使用可能なお店が多い。

もう一つのエディは、基本的に、どこでも使えるところが多い。
高速道路をよく利用するが、SAで利用可能なのは、
基本的にエディであれば、どこでも使える。
コンビニを始め、多くで使える。
何と言っても、空港で使えるメリットが大きい。

東京へ出張するときには、地元の空港に到着した後、
再び地元の空港に戻ってくるまで、
基本的に財布を使うことがない。
空港ではエディ。
その後羽田空港からの鉄道は、スイカで乗車。
コンビニなどもスイカかエディ。
昼食なども、たいていはエディかスイカで十分。
泊を伴う出張の場合、夜は友人と飲むことが多いが、
このときだけは、財布を取り出す。
あとは、使うことがない。
羽田空港でのお土産購入も、そして夕食もエディ。

必要最小限で保有する電子マネーとしては、
エディとスイカ、と僕は思っている。

荷物を持っているときに、カバンからイチイチ財布を取り出し、
現金で支払い、おつりを貰う行為は、なんとも面倒くさい。
財布をカバンから出していると、財布や小銭を落とす恐れもある。
また鉄道では、イチイチ切符を確認して購入する必要がない。
乗り換えのときなんかは、本当に面倒くさい。

だから、電子マネーは必要不可欠なのである。
その電子マネーは、携帯電話で使用する。
カードだと、ポケットに入れっぱなし、というわけにはいかないし、
2種類の電子マネーを1枚にできるカードもないと思う。
携帯電話は、普段から基本的にポケットなんかに入れておくから、
プラス電子マネー、ということにならない。
携帯電話一つあれば、電話も電子マネーも事足りる、ということである。



だから、スマホブームが昨年から来ても、
電子マネーを使用できない大半のスマホは、
僕にとって論外だった。もちろん、アイフォンも。
さらに毎日充電しなければならないスマホは、
充電が切れると使用できなくなる電子マネーのことを考えると、
どうしても二の足を踏んでしまっていた。



ところが…





先月、スマホを購入した。

それも、電子マネーを使用できないiPhone 4Sを購入した。

ライフスタイルを変更したわけでもないのに、購入した。

お陰で、携帯電話とスマホの2台持ち、になってしまったけど、購入した。



その理由は、

今回のiPhone 4Sが、

“スティーブ・ジョブズの遺作”

呼ばれているからである。

続きを読む >>
日記 | comments(0) | trackbacks(0)

人間。

昨日、私が準備をして、私が“事実上”主催した会議が、
無事に終了した。

この会議は、あるプロジェクトを実施するためのもの。
この会議を機に、このプロジェクトがスタートしたことになる。



このプロジェクトは、2年前に私が、
この職場に赴任した際、指示をされていたもの。
通常の業務とは別に、このプロジェクトを動かし、
成功させなければならなかった。

このプロジェクトを実施するに際し、
私の提案で、ワーキンググループを作ることになった。
このプロジェクトを、我が社のものだけとするのではなく、
同業他社にも参加を呼びかけ、
業界全体で完遂したい、という私の想いであった。

まずは、社内の関係者の説得を始めた。
ちょうど1年前に、関係者の了解を得ることができ、
それからは、同業他社の説明と説得を始めた。
途中、その必要性に懸念を示され、
早々と協力拒否を回答されることもあった。
そして、このたびやっと、半分程度の了承を
得ることができた。



ワーキンググループのリーダーには、
私がなるのではなく、ある大学の教授に、
依頼することにした。
その教授は、偶然にも私と同い年であった。
今回の趣旨を説明したところ、
快く賛同していただいた。
それどころか、積極的に提案までしていただいた。
私以上に、改善していこうという強い意志が見られ、
私にとって、とても心強い存在になった。



1月下旬からは、この準備のために
かなりの時間を費やすことになった。
職場を出る時間が、24時を超え、
深夜2時近くになることも、しばしばであった。



そして昨日。

会議は紛糾した。
互いの利害が対立し、まとまる気配が薄かった。
途中から、事務局である私が、
会議での議論に入り、
少しずつ議論が収斂されていき、
最後には、基本方針がまとまった。

これから、プロジェクトがスタートすることになる。
基本方針がどのようにまとまるかで、
このプロジェクトの成否が決まってくる。
そういう意味で、この日の会議における
私に対する職場の期待は大きかった。
そのことは、自分でもわかっていたので、
昨日の会議に、私はこだわった。

こだわる理由がもう一つある。
それは、今春、もしかしたら、
私が他の職場に異動するかもしれないから。
客観的に見ても、私が基本方針をまとめるほうが、
いいと思った。
だから異動の前に、私の手で基本方針をまとめたかった。

だから今、ホッとしている。

続きを読む >>
日記 | comments(0) | trackbacks(0)

『思考の整理学』

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
最近、“読書”にはまっている。
ブログに掲載することが多くなっている。
何故なのか、自分でもよくわからん(笑)。

こんなに読書にはまったのは、
大学の4回生以来。
当時は、就職活動を夏に終え、
学校を卒業するまでの半年間、
とにかく本を読みまくった。

その理由であるが、
こんなに読書に費やす時間があるのは、
学生のときぐらい、という何かの記事を読んだからだ。
おそらく、大学4回生を対象とした就職前の記事で、
読んだ覚えがある。

それ以来だから、20年振りである。
元来、読書があまり好きではない。
映像好きなので。

河井寛次郎の『蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ』を読んだ後に、
書店で目に付いたのが、この
『思考の整理学』。外山滋比古氏の著書である。

何故この本だったのか。
それは本の帯のキャッチコピーに、魅かれたから。

“2年連続!! 東大・京大で一番売れた本”

“もっと若い時に読んでいれば…
 そう思わずにいられませんでした。”

これは、気になった(笑)。

まず、今の東大生や京大生が、
最も興味を抱いた本とは、どんなもの?
とても知りたかった。

次に、若い時に読んでいなかったことを後悔させる本とは?
これも知りたかった。
普通なら、結局読んだわけだから、別にいいじゃん、
って思うところでしょうから。






続きを読む >>
日記 | comments(2) | trackbacks(0)

僕らは夢見てるし、未来も信じてる。

「シャインズ」に、「ヤンエグ」。
そして「24時間、戦えますか」。

この言葉の意味等、お分かりになりますか?(笑)


続きを読む >>
日記 | comments(0) | trackbacks(0)

Gary Moore … forever!

ギタリストのゲイリー・ムーアが
亡くなっていたことを、今日初めて知りました。

ゲイリーがブルースに傾倒するようになる90年代以降も、
僕の好きなギタリストの一人でした。

僕は、HM/HRの大ファン。
世間からは白い目で見られようとも、
ハードロックやへヴィメタルは、
特に90年代前半までは、
良質な楽曲を提供し続けてくれていました。

ゲイリーの楽曲は、そのギターサウンドと同様に、
無骨そのもの。
しかし、そのぶん力強さがあり、
ハードな楽曲を好む僕には、ぴったりでした。

もちろんギターのテクニックは、凄い。
特に、バラードにおける“泣きのギター”は、秀逸でした。

ゲイリーは、北アイルランドのベルファストの出身。
政治問題と絡めるのは、あまり好きではないが、
何らか影響があったことだろうと思う。

ゲイリーの楽曲で、一番好きだったのが、
高校生のときに聞いた
「Over the Hills and Far Away」。

残念です…



















日記 | comments(2) | trackbacks(0)

唐招提寺

御影堂を出てから、

唐招提寺内を観光しました。




続きを読む >>
日記 | comments(0) | trackbacks(0)

天平の甍




ということで、

唐招提寺に、行って来ました。

続きを読む >>
日記 | comments(0) | trackbacks(0)

“mission in life”

遣唐使についてです。

遣唐使について、漠然と知っている方は、
とても多いと思います。
歴史嫌いでない限りは、通常は、
ご存知だと思います。

もちろん、歴史好きの僕も、知ってはいました。

『大遣唐使展』を鑑賞しました。

続きを読む >>
日記 | comments(0) | trackbacks(0)

三輪山

大神神社を後にし、
三輪山に登るために、
次の目的地に向かいました。




続きを読む >>
日記 | comments(2) | trackbacks(0)

大神神社

昨年6月の話になりますが、

奈良に行ってきました。




続きを読む >>
日記 | comments(2) | trackbacks(0)