citta' di colore

“The Power of Landscape & Color”

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< tatoeba… | 何かが、いる… >>

“心のCO2”

この週末、NHKが放送していた特別番組「SAVE THE FUTURE」。
その番組の最後を飾った番組が、「エコうた」。
普段からエコに関係する曲の演奏や活動をしているアーティストが、
出演していた。
もちろん、僕の好きな元ちとせ さんも。




NHKは、今年の1月から「地球エコ2008」キャンペーンを展開中、
らしい。
放送を通じて、温暖化対策を訴えていくらしい。
遅すぎる感が否めないが(苦笑)、やらないよりはいい。
今後、もっともっと取り組んでいってほしいと思うし、
国民一人ひとりが、もっと真剣に考えるべきだとも思う。



一方、僕の好きなラッパーのKREVAは、
自分の「ため息はCO2」という曲について、
このようなコメントを残している。

エコとか環境問題とかには、みんな関心を持ち、
至急解決していかなければならないという意識を持ってるけど、
心の問題には、関心が薄い。
「ため息は心のCO2」なんだ。


「ため息はCO2」(抜粋)

心コントロールできない男と女でほころぶ社会
罪と罰 愚痴の数増える
甘えた心突き飛ばす
気持ちのよどみ それぞれに取り去り のぞみ叶えたまえ
まかせちゃダメだ 人に
一人一人 each one, teach one
それが一番いいんじゃん?
インテリア エクステリア
自分のエリア守るパワーはその手にある
その胸にある つっかえ
取り除く為に使え
溢れ出す前に吐くべきだ

そのため息はCO2 ため息はCO2 だからってなぜ?
なぜ君は辛抱する なぜ君は辛抱する これならどう?
ため息は深呼吸 ため息は深呼吸
ためらわず 少しも残さず全部吐き出す
すると吸い込む新たな何か




今日、東京・秋葉原で起きた無差別通り魔事件。
「またか」という感が否めない。
それにしても、この犯人には、憤りを感じる。
如何なる理由があるにせよ、殺人は厳禁、である。
自分の“事情”のために、他人の人生を変えて良い、
なんて訳がない。

今日は、奇しくも、
大阪の付属池田小で児童8人が死亡した殺傷事件から、
7年を迎えた日。
同小の校庭で開催された「祈りと誓いの集い」において、遺族が、
「安全で安心な世界をつくるために努力をし続けます」と
「誓いの言葉」を述べたばかりである。

もし、秋葉原の犯人が、今日というこの日を狙って、
計画的に実行したとしたら、
今日の事件の被害者の方、遺族、関係者の方のみならず、
池田小の殺傷事件の遺族や関係者の方の気持ちを、
土足で踏みにじったことになる。
この場合、
死刑であっても償えないほどの罪であると、
これから悟るべきである。


真の動機などは不明だが、気になるのは、20代半ばという年齢。
先日の茨城の事件も、同じような年齢だった。
今の20代は、格差社会のあおりをまともに受けざるを得なかった世代。
この先、似たような事件が起きるのではないかと心配している。

格差社会の問題に対して、一向にヤル気が感じられない
政治家や官僚たち。
あなたたちの無策が関係している事件かもしれないと、
認識した方がいいのではないかと思う。
けっして、無関係ではないと思う。

心でCO2を生み出しているようでは、
住みよい街なんて、実現できっこないのだから。



そういえば、以前このブログで、
元ちとせさんに関して、こんなことを書いていました。
いつだったか忘れたけど、先日の朝日新聞に、
歌手の元ちとせさんのコメントに関する記事が掲載されていました。
内容は、確か、
近年、地球規模で自然災害が起きているのは、
地球におけるバランスが崩れているからであり、
最近、奇妙な殺人事件が多発しているのは、
人間におけるバランスが崩れているからではないか、と。


今日の「エコうた」は、生放送でしたが、
元ちとせさんは、どんな気持ちで、歌っておられたのでしょう…

街づくり・景観 | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

動画が気になる!  at 2008/06/09 1:06 PM
nhk エコうた最新情報
“心のCO2”この週末、NHKが放送していた特別番組「SAVE THE FUTURE」。 その番組の最後を飾った番組が、「エコうた」。 普段からエコに関係する曲の...
Trackback url: