citta' di colore

“The Power of Landscape & Color”

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 僕らは夢見てるし、未来も信じてる。 | 手考足思 〜『蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ』から〜 >>

カラコ1級合格データ

昨年12月に実施された
カラーコーディネーター1級の合格発表が、
先日行われています。

東商のカラーコーディネーター1級は、3分野ありますが、
今回も最も合格率が低かったのは、
「環境色彩」。

ダントツですね。
他の分野の合格者には申し訳ないのですが、
同じ1級の試験とは思えないぐらいです。

この傾向は、昔から変わらない。
その原因は、テキスト以外から出題されるから。

そもそも、テキストの中が大変なのです。
色彩の知識よりも、建築や環境といった異分野の勉強が大半です。
ですから、1級の合格者には、
色彩の専門家よりも、むしろ建築関係者の合格が多いことも、
そのことを立証していますね。

その上、時事ネタも含まれますし。
これは、環境色彩という性格上、
環境や街といったキーワードに関係する時事ネタが、
出題されています。
これは、もはやテキストの勉強だけでは絶対不可能。

ですから、ファッション色彩や商品色彩とは、
比べ物にならない合格率の低さなのです。
ファッション色彩と商品色彩の合格者であっても、
環境色彩は不合格という人が、
とても多いことも印象的です。
その逆は、あまり聞かないですが。



今年は、この1級の受験ネタも、
記事にしていきたいと思っています。
過去問解説なんか、面白いかもですね。

最近のテキストは見ていないので、
近いうちに購入しようと思います。
過去問集も購入し、最近の傾向をチェックしておきたいです。






カラーコーディネーター(試験) | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

Posted by mohariza  at 2011/02/19 2:30 AM
私も試験を受けてみようか・・・?と、今、ちょっと、思いました。
「資格」なんて、実社会では、実際は、関係無いのですが、「資格社会」になっているので、社会の目が、「資格」で判断しがちだから・・・、と云う意味では無く、
私が通らない試験とは、どんな試験か?知りたい・・・、とふっと、思って・・・。
(受験者の人には、失礼ですが・・・。)
Posted by らすから/管理人  at 2011/02/20 3:03 AM
moharizaさん、こんばんわ。

ぜひ受験されてみてください。
受験の動機は人それぞれですから、
失礼なんていうことは、ないですよ。

色彩の試験ですから、普通であれば、
3級とか2級の色彩の知識が必要になると
考えるところですが、
この環境色彩分野だけは、色彩の知識、
関係ないのです(笑)。
そのことも、合格率が低い要因になっていると思います。

建築関係者のブログを見ていて、
2級や3級を受験せず、いきなり1級の環境色彩を受験し、
見事合格、なんて人もけっこういらっしゃいますので。
環境色彩だけは、色彩の試験、という先入観を
捨てたほうがいいのかな、と思っています。

一度、書店で環境色彩のテキストを、
ご覧になられてみてください。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url: