citta' di colore

“The Power of Landscape & Color”

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 想望 | Steve's posthumous work >>

福島のみんなへ 日本中で応援してるよ 僕らは ふくしまが必要なんだ 〜『I love you & I need you ふくしま』 猪苗代湖ズ〜

先日もご紹介した猪苗代湖ズの
『I love you & I need you ふくしま』

今日は、このことを記事にしたいと思います。


猪苗代湖ズは、
福島県出身のアーティストで構成された
福島県人によるバンド。

でも、この大震災を受けての結成ではなく、
昨秋に一時的に結成されていたバンドでした。

メンバーは、
松田晋二さん ( THE BACK HORN 福島県東白川郡塙町 )
山口隆さん ( サンボマスター 福島県会津若松市 )
渡辺俊美さん ( TOKYO No.1 SOUL SET 福島県双葉郡富岡町 )
箭内道彦さん ( 風とロック 福島県郡山市 )
の4名です。

そして、今回の大震災を受けて、再結集となりました。

ちなみに、渡辺俊美さんは、
今回の原発事故で、強制避難対象となった富岡町に、
ご実家があります。
隣接する川内村で育ったのかどうか、ちょっと忘れてしまいましたが、
川内村ともご縁があるようで、
川内村と富岡町の移転役場がある郡山市の避難所に、
ご挨拶に来られました。
その時に、撮影させていただきました。



そのご様子を拝見していたのですが、
とても腰が低く、謙虚な方でした。
横柄なところが、一切ありませんでした。
個人的に、とても好きになりました。



猪苗代湖ズは、今回チャリティソングとして、
『I love you & I need you ふくしま』を
新たにレコーディング。
利益の全ては、故郷である福島県の
「福島県災害対策本部」に義援金として寄付されます。

この曲のプローモーション・ビデオが、
以前にもご紹介した下のビデオ。
全国47都道府県の出身者が、
プロ・アマ問わず、出演されています。
有名人も、ひょこっと現れてきます。



このビデオの中で一番好きなシーンが、
間奏のところで、東北地方と被災地方の方が、
出演されているシーン。
他の出演者は、歌詞を口ずさむのですが、
ここだけは、無言で、メッセージボードを掲げるだけです。
でも、とても胸打たれます。

負けるな東北
頑張れ福島!!
みんなでがんばろう!!

東北人は根性ある!!
負けないで!
みんなで乗りこえよう

寒い冬のあとには
かならず春はきます
一緒に笑顔で

東北が好きだから、
今、出来る事を。
頑張ろう!!

日本再興(さいこー!!)
一緒に 頑張っぺ

私たちは一つの家族
東北、愛してる!!

この曲には、後に、アーティストが参加し、
いくつかバージョンが派生しています。



これは、福山雅治さんが参加したバージョン。
ギターとハーモニカでの参加です。

このビデオは、プロモーションビデオではありませんが、
猪苗代湖とその周辺地域を中心に、
編集されています。



他には、怒髪天、忌野清志郎さん、水前寺清子さんも
参加されており、どれもダウンロードが可能です。
ダウンロードは、携帯電話とPCでそれぞれ可能。
サイトは、こちらでご確認ください。



なお、この曲は、ネットでのダウンロード以外にも、
購入方法があります。
タワーレコードでは、急遽CD化を行い、
タワーレコード限定で、
4月27日から、CD発売をされています。
ありがとう。タワーレコード!



最後にご紹介するのが、猪苗代湖ズのメンバーでもある
山口さんが所属するバンド、
サンボマスターのライブ風景。


 
4月6日に収録されていますが、
この曲を始める前に、
山口さんによる熱いメッセージがあります。
「 俺たちには福島県が必要なんだ。
  俺には福島が必要なんだ。    」

間奏でのギターソロのシーン。そして
間奏後の山口さんの独唱シーン。
そして、最後のシーン。

どれも、山口さんの魂が込められたシーンで、
見ごたえ十分です。
ぜひ一度、ご覧になってください。



福島県に滞在期間中、キー局が番組を放映しない時間帯、
地元のテレビ番組を見る機会が多かったのですが、
この曲は、繰り返し、流されていました。

福島県は、何度も言いますが、
原発事故の関係で、今なお
“現在進行形”で、震災が続いているのです。
ですから、この曲は、歌詞の良さとメロディが
元気付けられるということで、
地元のテレビ局が、流しているものと思います。



また、滞在期間中に、地元の新聞社が、
自紙に全面広告を掲載されていました。



福島県民に広く知っていただきたいとの趣旨のようですが、
個人的には、
全国紙の新聞社が、各紙で広告費用を負担した上で、
一斉に掲載すべきではないかと思いました。
こういうところで、日本の大手マスコミというのは、
心が感じられないわけです(失笑)。

震災の記事を書くときには、
地元の人に取材協力をしていただいているのでしょう、
あなたたちは。
違いますか?

大手新聞社は、会社としてみると、
この期に及んで、
自紙が儲けることが目的のように見えます。
日本、いや世界がボランティアや寄付で貢献しているのだから、
これぐらいは、最低でもやってほしい(苦笑)。
取材協力ばかり、国民にさせておいて。




それはともかく(笑)。

ご賛同いただける方、ぜひとも
この曲の購入と宣伝を、
よろしくお願いいたします。



ふくしまのために

もっともっと

応援したいんだ

いいだろ?


東日本復興へのストーリー | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url: