citta' di colore

“The Power of Landscape & Color”

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 福島のみんなへ 日本中で応援してるよ 僕らは ふくしまが必要なんだ 〜『I love you & I need you ふくしま』 猪苗代湖ズ〜 | 

Steve's posthumous work

皆さん。
電子マネー、利用していますか?

僕は、数多くある中で利用しているのが、エディとスイカ。
ちゃんと理由があるのです。

スイカは、関東だけでなく、日本全国の公共鉄道で利用できる唯一の電子マネー。
他の鉄道系は、他地域での使用ができない。
だから、スイカを持っておけばほぼ安心、ということになる。
さらに、駅周辺を始め、飲食店などでもスイカは使用可能なお店が多い。

もう一つのエディは、基本的に、どこでも使えるところが多い。
高速道路をよく利用するが、SAで利用可能なのは、
基本的にエディであれば、どこでも使える。
コンビニを始め、多くで使える。
何と言っても、空港で使えるメリットが大きい。

東京へ出張するときには、地元の空港に到着した後、
再び地元の空港に戻ってくるまで、
基本的に財布を使うことがない。
空港ではエディ。
その後羽田空港からの鉄道は、スイカで乗車。
コンビニなどもスイカかエディ。
昼食なども、たいていはエディかスイカで十分。
泊を伴う出張の場合、夜は友人と飲むことが多いが、
このときだけは、財布を取り出す。
あとは、使うことがない。
羽田空港でのお土産購入も、そして夕食もエディ。

必要最小限で保有する電子マネーとしては、
エディとスイカ、と僕は思っている。

荷物を持っているときに、カバンからイチイチ財布を取り出し、
現金で支払い、おつりを貰う行為は、なんとも面倒くさい。
財布をカバンから出していると、財布や小銭を落とす恐れもある。
また鉄道では、イチイチ切符を確認して購入する必要がない。
乗り換えのときなんかは、本当に面倒くさい。

だから、電子マネーは必要不可欠なのである。
その電子マネーは、携帯電話で使用する。
カードだと、ポケットに入れっぱなし、というわけにはいかないし、
2種類の電子マネーを1枚にできるカードもないと思う。
携帯電話は、普段から基本的にポケットなんかに入れておくから、
プラス電子マネー、ということにならない。
携帯電話一つあれば、電話も電子マネーも事足りる、ということである。



だから、スマホブームが昨年から来ても、
電子マネーを使用できない大半のスマホは、
僕にとって論外だった。もちろん、アイフォンも。
さらに毎日充電しなければならないスマホは、
充電が切れると使用できなくなる電子マネーのことを考えると、
どうしても二の足を踏んでしまっていた。



ところが…





先月、スマホを購入した。

それも、電子マネーを使用できないiPhone 4Sを購入した。

ライフスタイルを変更したわけでもないのに、購入した。

お陰で、携帯電話とスマホの2台持ち、になってしまったけど、購入した。



その理由は、

今回のiPhone 4Sが、

“スティーブ・ジョブズの遺作”

呼ばれているからである。







このブログでは、以前から公表していたとおり、
大学を卒業してから4年間、あるメーカーで、
東京の本社において法務部門で働いていた。
会社間の契約、例えば、共同開発や開発委託、
機密情報開示等々の契約を、交渉しながらまとめていった。

入社後、初めて大きな契約に臨んだのが、入社して半年後。
相手はネクスト社の日本法人だった。
交渉前に、会社の技術担当者から、
ネクスト社のコンピュータであるワークステーションで、
少しデモを見せてもらった。

元々コンピュータには疎かったが、それでも
その当時のウィンドウズが、今のようなものではなかった当時、
画面上で繰り広げられたデザインには、驚いた。
今では当たり前のアイコンなどのグラフィカルユーザーインターフェースが、
当時はとても斬新で、これがこれからのコンピュータなのか、
と感心したぐらい。
技術担当者も、素人の僕に対し、とても誇らしげに
ネクスト社のワークステーションを説明してくれた。
我が社のコンピュータではないにもかかわらず(苦笑)。
それほど、当時使う人にとっては、とても魅力的なマシンであった。

交渉もうまく進み、無事に締結することができた。
初めての大型契約だったので、とてもホッとした。
その仕事の最中、職場の人から話しかけられたことがある。
それは、

「らすからさん。ネクスト社の代表って知ってる?
 元アップル社の、あの、スティーブ・ジョブズさんだよ。」

コンピュータに素人の僕といえども、
アップル社の凄さと、創業者のスティーブ・ジョブズ氏の偉大さは、
よく知っていた。
当時、コンピュータと言えば、IBMよりも、
アップル社の方が先進的で、“イケてる感”があったので。
当時の我が社の技術部門のコンピュータは、基本的にマックで、
技術担当者がプライベートで購入するコンピュータも、
マックという有様であったぐらい。

そして、スティーブ・ジョブズ氏が、当時、
アップル社を追われていたことも、知っていた。
そのスティーブ・ジョブズ氏が立ち上げた会社が、ネクスト社だとは、
恥ずかしながら知らなかった。

当時の僕のジョブズ氏に対する印象は、
とても高い才能はあるが、組織内で力を発揮できない“技術オタク”。
でも、そんなスティーブ・ジョブズ氏のことが、
その契約以来、とても好きになった。
そういう不器用なところが、同じく不器用な自分と一緒で、
なんとなく他人のような気がしなかった、ということ。



僕が会社を退職してUターンした翌年。
ジョブズ氏は古巣のアップル社に復帰した。
その後のジョブズ氏の活躍は、皆さんの知るとおり。



僕は、以前このブログで、
不遇の時こそ真価が問われる話を書きました。
今春異動した際にも、同じように書きました。
僕は、不遇の時こそ、最大のチャンスだと考える人間です。
不遇の時とは、
人生のマイナス期間、停滞期間ではなく、
不遇の時を迎えなかった人生よりも、
さらに飛躍した人生を迎えるための
最大のチャンスの時。
そう考えるようになりました。
それが、支店を歩いた5年で学んだことの一つです。

ジョブズ氏にとって、ネクスト社時代は、
不遇であったかどうかは、わかりません。
不遇と感じていたかどうかも、僕にはわかりません。

でも。
アップル社ではなく、ネクスト社時代のジョブズ氏と、
何らかの間接的な関わり合いが持てたこと。
これは、僕にとっては、とても大切なことでした。
ネクスト社時代にジョブズ氏が開発したOSは、
その後改良を重ね、それまで使用されていたマックのOSの代わりの、
現在アップル社のコンピュータに使用されているOS、
すなわちあのMac OS Xとして、生きています。

あのままアップル社一筋でいっていたとしたら…

以前、やはり僕は、第2希望の人生、という記事も書いている。
当初に思い描いていた人生ではなく、もう一つの人生も悪くはない、
という趣旨のものでしたが、
ジョブズ氏は、どのようにご自身の人生を振り返られるのでしょうか?
叶うならば、聞いてみたいですね。



社会人新人時代の思い出は、今も形を変え、
僕の心の中に存在し続けています。
けっして小さくはない存在として。

ジョブズ氏が心血を注いで製品化されたものとしては、
このiPhone 4Sが、最後となってしまいました。
僕はこれまで、アップル社の製品は、
一切購入したことはありません。
パソコンのみならず、iPhoneのみならず、
iPadはもちろんのこと、
なんとiPodさえ、持っていません。

でも。

“遺作”となれば、話は別。



“Many thanks. Steve!”


日記 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url: